トップ 差分 一覧 ツリー 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

FrontPage

Fantasy Hazard Reincarnaton revision 3
Copyright(C) 1993-2007 TOS All Right Reserved

静寂が玉座の周りを包む。そこへ、一人の騎士が謁見に訪れた。

「陛下、吉報にございます」
「む・・? もしや、ドワーフたちと・・?」
「御意にございます。魔を断ち切る剣を鍛える約束を取り付けました」

どよめく広間の人々。遂に切り札が手に入るかもしれない。

「ただ、それだけの力を持つ剣となると、持ち主を相当に選ぶだろう
 と申しておりました」
「構わぬ。剣があれば、それを操る者も現れよう。我が国にも勇士は多い。
 だがどんなに勇士がいても、使う武器が無ければ意味が無いのだ」
「それでは剣の鍛錬を依頼いたします」
「必要なものがあるなら、幾らでも揃える。頼んだぞ」
404年 オッフレング王国 王城

 「ファンタジーハザード リンカーネイション」は、作り始めてかれこれ20年近く掛かってしまっている TOSのオリジナルTRPGです。といっても、その間に年単位でブランクが空くこともあり、20年間迷い続けているわけではありませんが・・。元々「ある程度複雑でも、キャラクターの特性をきっちりデータの形として表す」「ダメージを受けたときは相応に弱体化する」という基本方針があり、これがなかなかゲームとして完成しない原因ではあります。

 それでも周囲の指摘で、オリジナルの世界観を構築した結果、そこで生きる人たちのイメージがしやすくなり、ルール策定の意欲が増しているのは事実です。世界観については、かなり完成している(完璧と言う意味ではないですが)ので、是非そちらを御覧になって、どんな世界でPCが冒険をするのか想像してみてくれたらうれしいです。ようやく・・ようやくルール部分もまとまりそうなので、何とか形にしたいと思っています。
 各章から、ここに戻りたい時はページ上部の「Fantasy Hazard Reincarnation revision3」の文字をクリックしてください。左サイドバーの「FHR rev.3」でも戻ってこれます。

最初に

 「ファンタジーハザード リンカーネイション(以後「FHR」と略)」において、何の断わりも無く使用される用語や略語について、あらかじめここで説明しておく。また、ゲームをプレイする上で必要なものも挙げるので、チェックをしておいて欲しい。

幻想世界リアスターグ

 オリジナルのファンタジー世界。キャラクター作成において世界観は大きく影響を及ぼすため、オリジナルの世界を使おうとゲームマスター(GM)が思っているときは、キャラクターの能力部分の説明を色々と確認する必要があるだろう。

キャラクター能力

 プレイヤー(PL)の分身たるプレイヤーキャラクター(PC)が、どのような能力を持っているのか? それを具体的に表す方法を説明すると共に、実際にキャラクター作成をしてみよう。PC以外の全てが同様に能力値を持つことになる。

ゲームルール

 PCが完成したら、GMが用意したシナリオを元にストーリーを作っていくことになる。実際のゲームにおいて、各種のデータがどのように使用されるのかを、ここで説明する。全員がある程度把握していることが望ましい。

リソース一覧

 本文中に書くと、全体像が分かりづらくなりそうな、細かいデータをここにまとめる。ただし、クラスに関してはキャラクターと密接に関わるため、1章にて説明を行っている。


  • ただいま、キャラクター作成時の情報として、2章にて世界観を書いているところです。 - TOS (2007年03月14日 03時25分11秒)
  • 冒頭のショートストーリーは、割とランダムで出ます。どんな世界なのかを知る材料になれば幸いです。 - TOS (2007年03月24日 07時20分50秒)

このページについての突っ込みはこちらからもどうぞ

お名前: コメント:

FrontPageに戻る

最終更新時間:2008年03月01日 18時37分55秒

Jade Moon